メンズファッションのシルエットを制するものはファッションを制す!!

ファッション

メンズファッションのシルエットを制するものはファッションを制す!!

こんにちはかいとです。@kaitoVLOG

本日もよろしくお願いします。

ファッションのことを調べていくとどうやらシルエットが大事である
ようだが、どんなものがあるのか?結論どれをやればいいのか?

というあなたにまず考えるべき、
メンズファッションのシルエットについての紹介です。

結論いうと
Y,Iシルエットを取り入れてAシルエットは後回しでいいです。

シルエットの特徴は後ほど解説をさせていただきますが、
これをやってほしい理由としては、

Y,Iシルエットというのは比較的すぐに取り入れやすいうえにスタイルが良く見える。
Aシルエットは着こなしが個性的に見える場合があるので、最初に取り入れないほうが無難であるという理由です。

メンズファッションのシルエットを理解すると、
服を購入する時もどのシルエットに対して使えるのかを想定して迷わず購入できるので無駄なく買い物ができるし、
自分で着こなしを考える際の土台の考えになりますのでしっかり覚えましょう!

少し細かく見ていきます。

メンズファッションのシルエット3種類をマスター

それぞれのシルエットをご説明させていただきます。

「 Yシルエット」

上ボリュームのある洋服
下がジャストサイズの洋服
この洋服で組み合わせを作るとYシルエットの完成です。

引用ZOZO Lui’s

Yシルエットは一番と入れやすいし、男性がかっこよく見えるスタイルでまずこのシルエットをものしましょう!

上着はサイズ感が大きめのものをきて、基本下はスキニー。

夏の場合は下の黒スキニー変わらず、上に着るシャツを多きめのものを着ると完成です。

皆さんも洋服屋などに行けばわかると思いますが、
少し大きめのサイズを着るというのがまだ大きなトレンドとしてあります。
そういったトレンドを少し反映させておくとおしゃれであると思われやすいのでYシルエットはおすすめです。

「Iシルエット」

上下ともにジャストサイズのもの着るこれで完成です。

こちらも取り入れやすくかっこいいシルエットとなっておりまして、
ジャストサイズというのもあって、少しきちっとした印象になりますかね。


セットアップをジャストサイズで選んでIシルエットをしようとすると細見のスーツのように見えてしまい、キマりすぎているという印象を持たれてしまう可能性もありますのでセットアップを着用する際は、気を付けてください。

「Aシルエット」

上がタイトで、
下がゆったりしているものです。

道路歩きながらこの記事を考えていたのですが、
工事現場とか働いている方の作業着はAシルエットですね(笑)
少しイメージしやすいかなと思ったのですがどうですか?

とにかく、
パンツが大きいサイズになっており上がジャストサイズで着こなすものですが、

紹介していた2つのシルエットに比べて、少し個性的な雰囲気を出せるものです。

なのでいきなりAシルエットから入ると少し難しく考えてしまうかもしれませんので、
まずは基本となるY,Iシルエットから考えていきましょう。

このそれぞれのシルエットがどのように組み合わせればいいのかはわかったと思います。
参考にしてください!

まずこのY,Iシルエットを土台として、覚えていきましょう。

このように型をまず覚えることにより、
だんだん自分であればこう差別化するなどがでてきますので、まずは基本づくり大事です。

Y,Iシルエットを作る時に黒スキニーは重要アイテムにあたります!

そこで、黒スキニーを着る時の注意点があるのですが、
丈の長さには注意しましょう。

詳しく言うとスキニーの丈が長すぎて余っており靴にたまりができている。

せっかくスタイルが良く見えるようにしているのに、
足元にたまりがあると足が短く見えてしまったり、ダボっとした印象になってしまいますので注意です。

普通にまっすぐ立っている時に、
靴下が少し見えるくらいの丈であればすっきりして見えるのでその長さに調整しましょう。

試着したときに丈が長すぎなのであれば、
裾上げをして調整しましょう。

終わりに

今回はメンズファッションのシルエットについてお伝えさせて頂きました。

今日の夜早速家にある洋服で、Yシルエットを作ってみましょう!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました