今更聞けない!!流行のビックシルエットとは

ファッション

今更聞けない!!流行のビックシルエットとは

こんにちは。かいとです。@kaitoVLOG

読んでいただきありがとうございます。

洋服屋さんに行くとなんか大きいサイズのものが多いけど、
若い人向けのものだから自分は着てはいけないのではないか?

こんなあなたに流行に少し乗ると勝手におしゃれになることができる、ということをお伝えできればと思います。

結論をいうと、


もったいないので全体的に流行っているものは取り入れたほうがいいです!

理由としては、
流行を少し取り入れているだけで、おしゃれに気を使っているという印象を与えることができてそれだけでおしゃれであるという認識を与えることができるという理由があります。

僕自身も流行にすぐ乗っかるとミーハーみたいな感じに思われるかなと思っていましたが、流行を少し取り入れたほうが服装を褒められることが多いですし、服を選ぶ時も大きな流行意識して選んでいくと服自体を選ぶ時もとても楽です!

この記事では、

2020年3月現在でも流行しているビックシルエットがどんなものなのか?
それをどのように取り入れるのがいいのかをお伝えできればと思います

ビックシルエットとはトップスに取り入れるべし!

ビックシルエット自体が流行しだしたのは2015年で、この辺りから多くの洋服屋がこういった商品を置きだしました。

ビックシルエットっていうのは、その名の通りなのですがジャストサイズではなく少し大きめのサイズ感で洋服が作られているというものです。

気が付いたらGUとかの洋服屋に行ってみると、このビックシルエットで作らている大きめの洋服が多くなっていてジャストサイズを探す方が難しいような気がします(笑)

こういった大きいサイズのものをどうやって取り入れるのがいいのか?

トップスで少し大きいものを使うのがいいです。

きれいに見えるシルエットであるYシルエットをつくれるのでおすすめさせていただきます。

ビックシルエットの中でもかなり大きく作られているものがあるのですが、
それだと少しカジュアルすぎてしまいズボンとのバランスが合わない場合がありますので、選ぶ際は大きすぎないものを選ぶといいです。

逆になぜズボンはビックシルエットをおすすめしていないかというと、Aシルエットというシルエットになるからです。

このシルエットは個性的な印象を与えることができるのですが、ビックシルエット初心者の方が最初に取り入れてしまうと着ている自分自身が違和感を感じてしまうということもあるので

まずはトップスに大きい物を持ってきてYシルエットを作る意識がとても大切です。

仮にズボンをビックシルエットのものを選ぶのであれば、トップスも大きいものを着ると全体のバランスが取れます。

大きいシルエットのズボンを履きたいのであればそういったことを意識して着こなしを選んでみてください!

View this post on Instagram

今季は通年に比べダウン素材のリリースが多い。そう、あたり年なのだ。定番のアウトドアライクなジャケットタイプを選ぶのもいいけれど、メンズファッジ的にはやっぱりスマートなデザインかつ、ちょっと変わり種をプッシュ! 写真のコートも綺麗なシルエットだけどダウンで防寒性抜群。詳細は発売中メンズファッジの『ダウン』企画をチェック。※もちろん定番型のジャケットも掲載しています。 ================= ========================= A lot of brands release Down Jacket for this year! If you are looking for the coat fit for outdoor activities,that's OK but men's FUDGE recommend you a little bit more stylish and different!! This coat got a really clean silhouette and that down material keeps you warmer and more practical than it looks!! In the latest Jan. issue, you can find a lot more recommended down coats in this winter!!! Check out the men's FUDGE!! in the store near you! ============================#mensfudge #メンズファッジ #winterbasic #ウィンターベーシック #winterfashion #冬ファッション #ファッジマガジン #fudgemagazine #stylesample #スタイルサンプル #fashioncoordinate #ファッションコーデ #メンズファッション #mensfashion #fashion #ファッション#downcoat #ダウンコート #downjacket #ダウンジャケット =====================photo:Takeshi Sasaki styling:Kiichiro Aoki hair&make:Ayumi Naito model:Yanick edit:Takashi Fukae

A post shared by men'sFUDGE/メンズファッジ (@mensfudge) on

ではジャストサイズで着ることは今だめなのか?

という疑問を持たれる方いらっしゃると思います。

ジャストサイズがダメではないのですが、

やはりこういった流行を少しでも取り入れているほうが同性からも女性からもファッションに気を使っているという風な印象を与えることができますので、少しだけ取り入れるだけでそういった印象を与えることができるので取り入れましょう!

ではどんなビックシルエットのアイテムを購入すればいいのかというと、

キレイめアイテムがビックシルエットになっている物を購入するのがおすすめです!

なぜかというと、
キレイめなアイテムは基本ジャストサイズで着ることが多く普段使いだとキマりすぎているというような印象を与えかねないので、少しダラっと着ることによってそういった印象を与えるのを回避すると効果があります。

キレイめアイテムの例を挙げると
セットアップ、シャツ

などです。

僕が好きなのはセットアップでそれを例に考えると、

ジャストサイズのセットアップだとキメ過ぎみたいな印象を持たれてしまうかもしれないので普段着ることができないかもしれません。

ビックシルエットでセットアップを着るとその印象はあまりなく、セットアップなどを着たいけどキメ過ぎって思われそうと思っている方は是非ビックシルエットのセットアップを選んでみてください!

ユニクロスタイリングBOOKより抜粋

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ビックシルエットの流行はまだまだ続きそうですので、まだ挑戦できてない方はまずセットアップのビックシルエットを試してみましょう!

あなたなら似合うはずです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました