買い物を失敗しないたった2つの意識

ファッション

買い物を失敗しないたった2つの意識

こんにちは。かいとです。@kaitoVLOG

読んでいただきありがとうございます。

今回は、

この服かっこいいなと思って購入したものを1回しか着ないでタンス中で眠らせてしまうことがある。それをなるべくなくしたい

こんなあなたにお伝えさせていただきます。

結論から言うと、

いいなと思って購入する前にまず10年後も着れるかどうかを考える

家にあるものどう合わせるかを想像する

この2つを意識しましょう。

理由としては、

服を購入する軸がなく突発的に洋服を購入してしまうと普段着ているものとバランスが合わず、着るタイミングがいつかわからなくなるのを防ぐためという理由です。

この2つを意識して購入する前にまず少し考える癖をつけるというのが大事になってきます。

この記事を読んでいただければ、買ったは良いものの着ない、1回着て満足してしまいそれ以降着てないことが多いのでもったいというのをなくしていきます。

それでは解説をしていきます。

買い物を失敗している人は10年後の姿が見れていない

いいなと思って購入する前にまず10年後も着れるかどうかを判断する

家にあるものどう合わせるかを想像する

この2つを意識していただきたいです。

まず前提として、もちろん好きなものを自分で購入しているので、好きなものを買うのを否定している訳ではないということは初めにお伝えさせていただきます。

変な誤解を生んでしまっても大変申し訳ないので(笑)

今回は好きな服を買ったはいいがいつも1回着るだけで着なくなってしまい、それをなるべくなくしていきたいという方向けの話です!

それでは1つずつ解説をさせていただききます。

いいなと思って購入する前にまず10年後も着れるかどうかを判断する

あなたも洋服を見ていいなと思って一目ぼれじゃないですけど、即断即決で購入をする前にこれって年を重ねても着れるかどうか?をまず考えてみてください。

例えば、20代前半向けのブランドが出しているかわいいグラフィックが入っているものが良いと思った時にすぐに買うのではなく少しとどまって、

「10年後もこれを私服として着ることができるか?」

このような発想があればすぐに購入してなんか購入がゴールにならずに今後をみこしたうえで洋服を購入することができます!

僕自身も 20代前半の時にパーカーが欲しいなと思って、
色が緑で袖が7分袖くらいのものを購入したのですが一度着て以来着たことはありませんでした(笑)

当時はかっこいいと思ったし、ほしいと思っていたものだったのですぐに試着しその場で購入しました。

しかしよくよくその行為を分析するとその場はかっこいいと思っていても、
じゃあそれを今着ることができるかと言われるとなかなか厳しいですし、
他の洋服とも合わせるものがあまりないということに気づきました。

なのであなたもまず洋服を購入する前に10年後を想像してみてください!

このようなパーカーで1枚のパンチが強すぎて他の服にはあまり合わなかったですが、

こういった灰色のパーカーでああれば年を重ねたとしても着れますし、
いろんな上着やズボンに合わせることができますよね。

こんな感じの基準で選びましょう!

買い物を失敗している人はタンスの中を想像できていない。

家にある洋服どう合わせるかを想像する

これも大事です。

どういうことかというと

購入しようとしているものが、家にあるアイテムと何パターンくらい組み合わせを作ることができるかです。

イメージがわきずらいかもしれないので自分の例をもとに説明します。

あなたも自分の家にある洋服をイメージしながら読んでいただきたいです!

僕は無地のセットアップを結構持っているので基本的にはそれに合うものを購入するようにしています。

白Tやパーカーなどいろいろな形、色のセットアップに合わせやすいものを想像して購入するという訳です。

ここでは派手なTシャツやビックシルエットすぎるYシャツなど、購入してしまうとあまり相性が良くないので洋服自体がかっこいいと思っても今後長く着まわすこと考え購入しなかったりします。

今持っているものに対して、その洋服を購入すれば2~3コーデくらい組めるように選ぶのが1つの目やすかもしれません。

終わりに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

洋服を買う前に10年後でも着れるか、家の洋服で2~3コーデを組めるか想像するのをわすれないでくださいね!

ではまた

コメント

タイトルとURLをコピーしました